Slowly.

Blog

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Web拍手のコメントお礼 | main | 色鉛筆の塗り方(風景画) 01 >>

色鉛筆の種類

私が使っている色鉛筆は、大まかに3種類です。

・TOMBOW IROJITEN
芯の固さが程よくて、色の乗りも良いし、ちまちました絵を描くのに向いています。

・STAEDTLER KARAT
面倒くさいので、折角の水彩色鉛筆だけれど、普通の色鉛筆として使っています。
色鉛筆に比べ芯が柔らか目ですが、色の乗りはとても良いです。
重ね塗りしても苦になりません。

・STABILO Softcolor
ビックリするくらい芯がやわらかいので、電動鉛筆削り器で削れないです。
青空のようなフラットな面には向いていますが、細かい部分には向いていません。

他にも芯が固めの色鉛筆等、いろんな種類がありますが、私はかなり色を塗り重ねるので、上記の色鉛筆で落ち着いています。
コラム | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

作品を見せていただき、たいへんすばらしいとおもいました。
私も、色鉛筆で人物画を書きたいのですが、どうもうまくいきません。デッサンはある程度うまくできても、色付けがうまくいきません。
どのようなもので勉強されたのか知りたいですね。
ありがとうございました。
shinichi | 2006/07/31 12:20 PM
絵を見てくださっただけでなく、コメントまで・・・。
有難うございます。

色付け・・・、色鉛筆の塗り方と言う事でしょうか。
色鉛筆の塗り方については、自己流です。
あれこれ考えながら描くのが楽しくて、今にいたってます。
そのかわり、随分失敗もしましたけれど(^_^;)

あとは、好きなイラストレーターさんの画集をたくさん見てマネをした、と言うことでしょうか。
黒井健さんと、きたのじゅんこさんの画集は、図書館で借りてきて、ものすごい見まくりました。
部分的な表現方法などを、試行錯誤しながら練習してみたりしました。
さちえ | 2006/07/31 11:38 PM
コメントする









Categories

Selected Entries

Recommend

日本の美を伝える和風年賀状素材集 「和の趣」 午年版 今年は4点の風景画を描かさせていただきました。
どうぞ宜しくお願い致します。

カラト アクェレル 水彩色鉛筆 スケッチセット 12色セット 125 SS12 水彩色鉛筆なので芯が柔らかく、とてもぼかしやすいです。
重ね塗りもしやすく、私の場合、カラトを最初に塗ってから、IROJITENでその上から細部を描く、と言うやり方が定番化しています。

カラト水彩色鉛筆「大人のぬりえセット」 色鉛筆に不慣れな方は、このセットで徐々に慣れてみてはいかがでしょうか。
水を含ませた筆でなぞれば水彩画風になるのはもちろん、そのまま色鉛筆としてのタッチも楽しめます。
塗り方のポイントも説明してあるので、初心者の方にはオススメです。

色えんぴつアート―作例にチャレンジ (入門シリーズ) 色鉛筆の持ち方や紙の選び方、基本的なテクニックを分かりやすく解説してあります。
作例にチャレンジするハガキ等が付録についているので、これから色鉛筆で絵を描こうと思われている方に、オススメです。

Links

Search This Site