Slowly.

Blog

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 色鉛筆の塗り方(風景画) 07 | main | トレースの仕方 01 >>

紙について

やはり、世間に多く流通している色鉛筆ハウツー本の通り、PMパッド紙か、ケント紙がベスト、と言いたいところですけれど、私はこれらを使っていません。
色鉛筆を始めた頃に、PMパット紙やケント紙も使ってはみたのですが、私には描き味がどうもなじめませんでした。
見た目はあまり分からないのですけれど、「GALLERY」の「人物」にある一番右側の絵は、PMパット紙に描いた唯一のものです。
かなり我流であまり参考にはならないかもしれませんが、今、私が使用している紙について、少し書こうと思います。

風景画の場合、紙はマーメイド紙と言う、主に水彩画に使用する紙を使っています。
印象派の点画に傾倒していた時期がありまして、「楽に点画が描けないかな」と考えたのが、マーメイド紙に描くという、安易な方法でした。
ぼこぼこしているので色が乗りやすく、やわらかい雰囲気になります。
ただ、細かく描こうとすると線が上手くまっすぐ引けず、いらいらしてしまいますが。
紙の厚さが色々あり、私は厚手のものを使っています。
色がついているものもあり、画に統一感を持たせたい場合は色付きのものを使うと、楽に統一感を持たせることが出来ます。

人物画や細かく描きたい場合は、画用紙に描いています。
ただ、画用紙のつるつるした表ではなく、ざらざらした裏の方を使っています。
水彩色鉛筆を「水彩」として使う場合、裏面だと水分があっという間に紙に吸収されてしまうので、向いていないかもしれません。
程よいざらざら感は、執拗な重ね塗りにも対応してくれます。

紙についても同様に、自分に合ったものを探してみると良いのではないでしょうか。
周りの人が、「あの男の人、良い人よ」と薦めても、その人に恋心を抱けるかどうかは自分にしかわからないのと同じかもしれませんね。
コラム | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









Categories

Selected Entries

Recommend

日本の美を伝える和風年賀状素材集 「和の趣」 午年版 今年は4点の風景画を描かさせていただきました。
どうぞ宜しくお願い致します。

カラト アクェレル 水彩色鉛筆 スケッチセット 12色セット 125 SS12 水彩色鉛筆なので芯が柔らかく、とてもぼかしやすいです。
重ね塗りもしやすく、私の場合、カラトを最初に塗ってから、IROJITENでその上から細部を描く、と言うやり方が定番化しています。

カラト水彩色鉛筆「大人のぬりえセット」 色鉛筆に不慣れな方は、このセットで徐々に慣れてみてはいかがでしょうか。
水を含ませた筆でなぞれば水彩画風になるのはもちろん、そのまま色鉛筆としてのタッチも楽しめます。
塗り方のポイントも説明してあるので、初心者の方にはオススメです。

色えんぴつアート―作例にチャレンジ (入門シリーズ) 色鉛筆の持ち方や紙の選び方、基本的なテクニックを分かりやすく解説してあります。
作例にチャレンジするハガキ等が付録についているので、これから色鉛筆で絵を描こうと思われている方に、オススメです。

Links

Search This Site