Slowly.

Blog

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 謹賀新年 | main | Web拍手のコメントお礼 >>

道具について

道具についても色々書いて来ましたが、「色鉛筆の塗り方」でピックアップされない道具もありますので、今一度、まとめてみようと思います。

■ 消しゴム
汚れた部分やハイライトを入れるのに使います。
普通の消しゴムのほかに、「練り消し」と「CLIC ERASER」があれば便利。

■ トレーシングペーパー
下絵をトレースする時に使います。
絵が完成した後、トレーシングペーパーをかけておくと、色落ちや汚れ防止にもなります。

■ ドラフティングテープ
粘着力の弱い紙製のテープ。
用紙の仮止めや

■ マスキングシート
風景を描く時、広い面をマスキングするときに使います。

■ デザインカッター
マスキングシートをカットする時に、あると便利。
一般的なカッターだと、かなり切りづらいので。

■ 古いTシャツの切れ端と綿棒
ぼかす時に、これらがあると便利です。
古いTシャツの切れ端は広い面を、綿棒は小さい面をぼかすのに使います。

■ 白い紙切れ2枚
1枚は、色を塗る時に利き手の下に敷き、その上で手を動かすようにしながら作業をすると、画面が汚れません。
もう1枚は、色鉛筆の色の確認用に使います。

■ フィキサチーフ
絵が出来あがった後、画面全体に吹きかける定着剤です。
色落ちするのを防ぎます。
かけすぎないよう、紙が軽く湿る程度に吹きかけます。
コラム | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









Categories

Selected Entries

Recommend

日本の美を伝える和風年賀状素材集 「和の趣」 午年版 今年は4点の風景画を描かさせていただきました。
どうぞ宜しくお願い致します。

カラト アクェレル 水彩色鉛筆 スケッチセット 12色セット 125 SS12 水彩色鉛筆なので芯が柔らかく、とてもぼかしやすいです。
重ね塗りもしやすく、私の場合、カラトを最初に塗ってから、IROJITENでその上から細部を描く、と言うやり方が定番化しています。

カラト水彩色鉛筆「大人のぬりえセット」 色鉛筆に不慣れな方は、このセットで徐々に慣れてみてはいかがでしょうか。
水を含ませた筆でなぞれば水彩画風になるのはもちろん、そのまま色鉛筆としてのタッチも楽しめます。
塗り方のポイントも説明してあるので、初心者の方にはオススメです。

色えんぴつアート―作例にチャレンジ (入門シリーズ) 色鉛筆の持ち方や紙の選び方、基本的なテクニックを分かりやすく解説してあります。
作例にチャレンジするハガキ等が付録についているので、これから色鉛筆で絵を描こうと思われている方に、オススメです。

Links

Search This Site